6月 14

みなさん、こんばんは。木曜担当山田です。

今週は月曜日に代休をいただきお休みをもらいましたので、1週間があっというまでした。明日も気合入れてがんばります。

さて、その月曜日に話題の松本人志監督作品『大日本人』を見に行ってきました。

まだご覧になっていない方もおられると思うので、内容は控えさせていただきますが、なかなかの松本ワールドでした。あの域まで行くと、素人にはおそらく理解するのは難しいのでしょう・・

さて今日は、『確定申告書を紛失したら・・・』という話題。

建設業の許可申請を準備しているお客様からご相談をいただき調べる機会がありました。

基本的に帳簿書類や決算関係書類は、7年間の保存義務が会社にはあります。

また、確定申告書の写しは建設業や運送業など許可申請の際には、とても大切な書類です。

しかし、実際には、確定申告書の控えを紛失してしまっているという方も意外と結構おられます。

万が一、確定申告書の控えを紛失した場合は、税務署へ行き『個人情報の開示請求』をおこなうことによって、確定申告書のコピーが入手できます。

期間は2~3週間程度かかりますが、どうしても必要な方は、一度税務署へご相談に行き、開示請求についてご相談してください。

Comments are closed.