帰化申請,面接

帰化申請 必要書類

帰化,申請,面接 帰化申請,面接
帰化申請,面接 帰化,面接 帰化申請,面接 帰化申請,面接 帰化申請,面接 帰化,面接
帰化申請,面接 帰化申請,面接

帰化申請
帰化申請

帰化とは

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

よくある質問(帰化)

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

帰化申請の手続き

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

帰化するための条件

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

帰化申請のポイント

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

帰化申請の必要書類

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

取得する証明書

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

帰化申請の面接

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

帰化後の手続き

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

特別永住者の帰化申請

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

韓国人の帰化申請

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

中国人の帰化申請

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

韓国の戸籍制度

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

ご依頼者の国籍一覧

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

法務局一覧

帰化申請

帰化申請

帰化申請
帰化申請

帰化申請

大使館・領事館一覧

帰化申請

帰化申請
帰化申請
 
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


帰化申請,面接 トップページ > 帰化申請の面接
帰化申請,面接 帰化,申請,面接
帰化申請,面接
帰化,申請,面接
申請,面接
■面接

 申請が受理されると、2〜4ヶ月後に法務局で申請者本人に対する面接が行われます。この面接では主に申請時に提出した書類の内容を中心に「帰化の動機」、「現在の職業、生活環境」、「結婚について」などについて、約1時間程度かけて面接の場で質問されます。

特に厳しく行われるものではなく、リラックスして申請書類に記入したとおりにありのままを面接官に答えていただければ問題はありません。もちろん、ウソは禁物です。また、場合によっては「帰化の動機書」の朗読や簡単な日本語のテストもあるようです。ただ、「帰化の動機」については、動機書の作成義務のない特別永住者の方も整理しておいたほうがいいでしょう。

あわせて、ご家族の方にも個別に面接を受けていただくことがあります。日本人と結婚されている方の場合、配偶者の方も面接を受けることがあります。そういったときは事前に法務局より連絡がありますので、必ず出席するようにしてください。面接日程は、ご自身の都合に合わせるように調整できます。

 もともと申請後に書類の内容に変更が生じたときは、すみやかに法務局の担当者に連絡をする必要がありますが、面接の時に変更内容を報告することもできます。

 面接が終了すると、あとは結果を待つことになります。この間はとくに交通違反等に注意してください。申請が許可されると官報に告示され、申請先の法務局より連絡があり、今後の手続きについての説明があります。

■調査
帰化,申請,面接

 面接後に自宅や職場の調査をされることがあります。午前中に面接をして午後に自宅訪問というのがひとつの流れになっています。
 職場調査は別途されていますが、特別永住者の方については、原則として無いようです。
 自宅訪問も職場調査も、面接だけでは把握できない実態の確認、という目的のために行われます。

帰化,面接
■取下げ指示
申請,面接

 法務局の担当官による調査などで帰化要件を満たしていなかったり、身分関係などで問題が発見されたりして、法務省に送付しても許可される可能性が低い場合は、面接前後で取下げ指示がされます。
 取下げは任意ですが、取り下げず、そのまま申請を行い、結果として不許可になったときは、再申請の時に不利になる場合もあるようです。

帰化申請,面接
帰化,面接
申請,面接
帰化申請,面接
帰化申請,面接
帰化申請,面接